EA

XMマイクロ口座でグルトレEAを動かす

※グルトレEAは海外口座の動作保証外のためEAの稼働は自己責任でお願いします

XMマイクロ口座でグルトレEAを動かす

※設置手順は次の章以降です。まえがきが不要な方は飛ばしてください。

なぜXMでグルトレEAを動かそうと思ったか

子本体1000通貨、サポート10000通貨でグルグルトレインを動かそうと思ったときに資金が少ないと逆行時にそれなりの損失を抱えてしまいます。 資金的には300万あれば1000pips逆行してもロスカットされずに耐えられます。2〜300pips逆行したあたりで損切りするか耐えるかの判断をするときに資金が少ないと耐えるという選択肢は難しいです。

これを避けるためにはサポートの方向と為替の値動きをXXXpipsの逆行を想定した上である程度一致させるか、こまめにロスカットしながら運用するしかありません。

裁量で勝てないからグルトレを始めたのにこれは厳しいです。

仮に2〜3回の運用でうまくいっても安定的に勝つのは難しいです。恐らく成功体験があるため逆行時に損切りできません。

損切りができないなら耐えるしかありません。しかし、資金はいきなり増えません。なのでロットを落とす必要があります。

国内では100通貨単位で取引できる&EAを動かせる業者はありません。調べたところXMのマイクロ口座では10通貨単位から取引できるようです。

ただし、手動の場合はSBIFXで1通貨単位で取引できます。ただ、100通貨単位だと利益も1/10になるので手動できっちりやっていくにはモチベーションの維持が辛いです。そして、まどろっこしくなってロットを上げていくうちに死にます(死にました)。

XMでグルトレEAを設置してみた

グルトレEAを設置したところうまく動きませんでした。動きを眺めていたところ下記のような形です。

– サポート注文方向が買いの場合、現在レートより下の注文しか設定されない
– サポート注文方向が売りの場合、現在レートより上の注文しか設定されない

ストップレベルの問題で現在レート付近の注文で失敗してるため、細かいロジックはわかりませんが途中の注文処理で処理落ちしていると思われました。

上記をふまえて以下の運用で回避できると思います。

– サポートは手動で設置する
– グルトレEAを2枚設置する
1.現在レートより上で動くグルトレEAを設置する
2.現在レートより下で動くグルトレEAを設置する

XMマイクロ口座でグルトレEAを動かす手順(例)

※グルトレEAのバージョンは4です
※グルトレの運用方針は子本体200通貨、設置間隔20pips単位、利確単位100pips単位、サポート1000通貨(手動)です

通貨ペアを表示する

初期設定では10通貨単位で取引できる通貨ペアが表示されていないので「すべて表示」で〜microという通貨ペアを表示させます。

チャートを2つ表示する

同じ通貨ペアのチャートを2つ表示します。現在レートより下で動くグルトレEAと現在レートより上で動くグルトレEAを設置するためです。

現在レートより下で動くグルトレEA

仮に現在レートが82.700付近だとします。パラメータは下記の通りに設置します。設定後はパラメータを保存してください。

– マジックナンバーは子本体、サポートで他のEAと被らないようにする
– グルトレ 設置レンジ下限:70.0
– グルトレ 設置レンジ上限:82.7(現在レート)
– 子本体 スタートレート 0=即開始:82.7(現在レート)
– 子注文 注文間隔(pips):20
– 子注文 利確値幅(pips):100
– 子注文 ロット数:0.2
– サポート注文 方向:買い
– サポート注文 スタートレート 0=即開始:82.7(現在レート)
– サポート注文 使用:OFF

現在レートより上で動くグルトレEA

設定後はパラメータを保存してください。

– マジックナンバーは子本体、サポートで他のEAと被らないようにする
– グルトレ 設置レンジ下限:82.9(現在レート+注文間隔)
– グルトレ 設置レンジ上限:90.0
– 子本体 スタートレート 0=即開始:82.9(現在レート+注文間隔)
– 子注文 注文間隔(pips):20
– 子注文 利確値幅(pips):100
– 子注文 ロット数:0.2
– サポート注文 方向:売り
– サポート注文 スタートレート 0=即開始:82.9(現在レート+注文間隔)
– サポート注文 使用:OFF

EA設置後

手動でサポート1000通貨を成行で注文する

複数通貨ペア運用

せっかくロットを落としているので複数通貨ペアで分散してグルトレEAを運用しています。
ABOUT ME
わとまとま
わとまとま
株、FX、先物で投資をしている兼業サラリーマン。このサイトでは主にグルグルトレインのバックテスト、手法を紹介します!